無題ドキュメント

時計の定期点検をきちんとしていますか?

“機械あぶら”の性能保持期間は工業製品の品質向上と共に長寿命化しましたが、
約3年ぐらいです。その性能のピークを迎え、以後品質は劣化してゆきます。

部品耐久性、オイル性能の保持の為、オーバーホールが必要となります。
オーバーホールとは、外部、内部を細かに点検し、不具合も見逃さないようにし、
本来の機能を確実に発揮できる状態に戻す、そんなきめ細やかな作業です。

車に車検があるように、腕時計にもオーバーホールが必要です。
時計としての精度が著しく落ちるわけではありませんが、
部品摩耗等のダメージは確実にムーブメント内に蓄積され
耐久性に影響を及ぼすのです。

ただ分解して掃除するだけのものではありません
オーバーホールの定期的な実施は、以後のブームメントの寿命に大きく影響します。ただし、その間隔は”オイル”の性能向上により3~4年毎で充分、頻繁に実施する事は無いです。お気に入りの時計には定期点検をしてください。